ごあいさつ

弁護士法人アスタスク法律事務所(神戸)の代表者・ホームページ管理責任者の弁護士の国枝俊宏です。JR神戸駅からすぐの所に事務所があります。

 

不慮の交通事故により,後遺障害を負ったり,近親者を失ったりして,肉体的にも精神的にもダメージを受け,加害者への憎悪の念を押さえられずに苦悩したり,身近に信頼できる助言者がいないため対処方法がわからないまま焦燥感にかられるなど,日々絶望,不安,困惑などの感情にさいなまれている方は少なくないと思います。

交通事故相談は様々な場所において行われていますが,えてして「賠償基準にあてはめて損害額を算出し,その説明をする」 ということになりがちです。しかし,当事務所はそれとどまることなく,「被害者の悲痛な心の叫びに耳を傾け,被害者が現実を直視し前向きに問題解決しようという気持ちになれるような助言」もさせていただいております。

 

どの段階から弁護士に相談したらいいのか,迷っておられる方もいらっしゃると思います。

法律事務所によっては「治療が終了した後に相談にお越し下さい」「後遺障害認定が終わってから相談にお越し下さい」などという対応をされるところもありますが,残念ながらそれでは遅いという場合も少なくありません。

 当事務所は,事故直後からの相談依頼におこたえしております。初めて事故の被害に遭われて今後どうなるのか,という不安の払拭などをさせていただきます。

 

まず,人身事故の場合の「大まかな流れ」は下記のとおりです。

 

  交通事故発生

→医療機関で治療,実況見分など実施

→相手方保険会社から,休業損害支払打ち切りの打診・治療終了の打診 

→復職,症状固定(医学的に見てこれ以上治療を続けても治療効果が認められないという状態),治療終了

→後遺障害診断書作成

→後遺障害の存否・等級につき認定手続き

→認定結果が出る(その結果に不服があれば異議申し立て手続きへ)

→相手方保険会社と示談交渉

→交渉がまとまらなければ調停・裁判などへ

 

 

「実況見分」の日が指定されたがどうしたらいいのかわからないということもあると思います。当事務所では,警察への対応などについてもアドバイスをさせていただいております。

 

医療機関で治療していますが主治医の先生とどういうやりとりをしたらいいのかわからないということもあると思います。当事務所では,医師とのやりとりの仕方についてもアドバイスをさせていただいております。

 

「治療の打ち切り」「休業損害支払の打ち切り」を相手方の保険会社から打診されて,どうしたらいいのかわからないということもあると思います。そうした場合,「打ち切り」が妥当か否かのアドバイスをさせていただきます(場合によって,治療継続・休業損害支払継続について相手方の保険会社と交渉もいたします)。

 

適切な後遺障害認定をうけるために,どうしたらいいのかわからないということもあると思います。当事務所では,適切な後遺障害認定を受けるための後遺障害診断書作成上のポイントなどについてもご説明させていただいております(必要に応じて,「主治医に対する依頼文書の作成」「病院への同行」をさせていただくこともございます)。

 

相手方の保険会社から示談の提案があったが,どうしたらいいのかわからないということもあると思います。当事務所では,提案額が妥当であるか否か(裁判などをした場合どうなるか)などにつきご説明させていただきます。

また,「相手方の保険会社の提案額が低いのでは?と思われる」場合,大変失礼ながら皆様が「プロである保険会社」に対抗して増額の交渉をすることは簡単ではないと思います(ご自身で行うには,賠償の知識が相当必要になります)。当事務所にご依頼いただきましたら保険会社との交渉・訴訟などをいたします。

 

 

 

「交通事故の損害賠償はどの弁護士でもできるだろうから,弁護士費用の安いところに依頼しよう」 とお考えではないでしょうか?

交通事故損害賠償は,ある程度定型化されていて(いわゆる基準本というものがあります),多くの弁護士などが取り扱っていますが,「話し合いにより解決すべき事案か」「話し合いによる解決を選択するとしてもどのような事実認定を基礎にどのような事情を考えて和解金額を算定するのか」「判決を求めなければならない事案か」などについてはいずれの基準本にも書かれていません。

基準本を拾い読みするだけでは,被害者に対して,高額の請求が認められるとのアドバイスをしてしまう可能性があり,早期に話し合いで解決すべき事案なのに裁判をすることを勧めてしまったりする可能性があります。

相手方(加害者側)に対して請求する金額が大きくなるほど,弁護士費用(着手金)が高くなります。

「交通事故案件の経験が乏しい弁護士の甘い積算(およそ裁判で認められる可能性がない高額の積算)」に基づいて相手方に賠償請求することになると,あなたは必要以上の弁護士費用(着手金)を支払ってしまうことになります。

 

「相手方に対して多額の賠償請求をしたほうが,より多くの賠償金を受け取ることができる」という単純なものではありません。

 

「裁判をした場合に実際に獲得できる賠償額の見込み」を適切にお示しするためには,基準本を見るだけでは不十分で,数多くの交通事故裁判の経験があることが不可欠となります。

また,裁判になる前の話し合いの段階から,被害者にとって有利な事情と不利な事情を整理し,加害者側からの反論を予想し,これに対する効果的な攻撃防御を考える必要があります。これらのことをきちんと行うためには,数多くの交通事故裁判の経験があることが不可欠です。

当事務所では,適切な積算(裁判になった場合に,証拠に基づきどの程度賠償額が認められる見込みかについて厳しめの積算をします)に基づき,適切な弁護士費用(着手金)を請求させていただいております。

 

当事務所は,弁護士法人化前と合算して約29年間,多くの交通事故案件を取り扱ってきております。交通事故につき損害保険会社からの依頼案件も多数あり,交通事故損害賠償に関する多種多様なノウハウを蓄積しております。PTSD(心的外傷後ストレス障害),高次脳機能障害,遷延性意識障害などといった難しい案件も取り扱っております。

当事務所がこれまで取扱ってきた事案(特に,死亡事故や後遺障害が残るケースなど)の多数で,保険会社の提示額よりも最終的な賠償額が増えています(残念ながら,被害者の過失の程度などによっては増えないケースもあります)。

 

当事務所は,交通事故損害賠償の豊富な経験に基づき,交通事故の直後,治療中,後遺障害の有無・程度などに関わらず,交通事故被害者とそのご家族のサポートを全力でさせていただきます。

これまでなかなか進まない「交渉事」などで悩まされてきていませんか。損害保険会社の担当者さんからかかってくる電話にストレスを感じていませんか?

損害保険会社は交通事故賠償問題のプロです。他方,被害者は,多くの場合このような事態になった経験がないことでしょう。被害者は「相当の知識」がないと損害保険会社と対等に渡り合うにはできません。

弁護士に依頼されますと,そのような面倒な「交渉事」などは弁護士が窓口となって対応させていただきます。

相談だけでも歓迎いたします。

また,弁護士費用特約(自動車保険の特約)に加入されていませんでしょうか。弁護士費用特約を使用される場合につきましても対応させていただいております。

お気軽にご相談下さい。

 

交通事故問題のノウハウ(知らないと損をします)などについて公開いたしますので,下記をクリックしてご覧下さい。

 → 交通事故の被害に遭われた方へ

 → 交通事故に関するQ&A

 → 治療関係費・入院雑費・通院交通費についてのお役立ち情報

 → 休業損害についてのお役立ち情報

 → 症状固定についてのお役立ち情報

 → 付添看護費・将来介護費用についてのお役立ち情報

 → 装具などの購入費・家屋改造費に関するお役立ち情報

 → 過失割合・過失相殺についてのお役立ち情報

 → 慰謝料についてのお役立ち情報

 → 死亡事故についてのお役立ち情報

 → 後遺障害についてのお役立ち情報

 → 脊髄損傷についてのお役立ち情報 

 → むち打ち症についてのお役立ち情報 

 → PTSDについてのお役立ち情報 

 → 非器質性精神障害についてのお役立ち情報

 → てんかんについてのお役立ち情報 

 → 低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症,脳脊髄液漏出症)についてのお役立ち情報

 → カウザルギー・RSDについてのお役立ち情報 

 → 高次脳機能障害についてのお役立ち情報 

 → 上肢・下肢の障害についてのお役立ち情報 

 → 醜状障害についてのお役立ち情報 

 → 車両の損害についてのお役立ち情報 

 → 加害者が自賠責保険にしか入っていない場合

 → 労災保険(通勤災害)についてのお役立ち情報

 

 

交通事故以外にも,離婚・不動産関係・相続なども取り扱っております。

 

→ 「神戸・離婚相談センター(兵庫県・神戸市)」へ 

 

→ 「遺言・相続・遺産分割専用ホームページ」へ 

 

→ 「不動産(土地,建物,マンション,借地,借家)問題専用ホームページ」へ 

 

今後とも,皆様のお役に立てる法律事務所目指してメンバー一同努力する所存です。

当事務所の特徴

当事務所が提供する法的サービスには,下記3点の特徴があります。

 

 

特徴1 約26年の豊富な経験と実績 

当事務所は,旧向田誠宏法律事務所開設以来約26年間,交通事故・不動産関係・相続・離婚を中心とした法的サービスを提供させていただいております。その豊富な経験と実績から,「内容が難しい案件」でも対応が可能です。他の法律事務所では受任が断られたという案件も数々取り扱っております。 

 

 

特徴2 交通事故発生直後からサポートさせていただきます。

 

他の法律事務所に思い切って電話連絡をしてみたものの,「治療が終了してから事務所にお越し下さい」とか「後遺障害認定結果が出てからお越し下さい」と言われませんでしたでしょうか?

当事務所では,「交通事故発生直後から発生する皆様の不安」などに対して,早い段階から適切にサポートさせていただいております。

 

 

特徴 3 じっくりとお話しを聞き,丁寧にご説明します。

当事務所の弁護士は,相談者の相談内容を可能な限りじっくりとお聞かせいただいたうえで,方針等について,わかりやすい言葉で丁寧にご説明させていただきます。「法律事務所は敷居が高い。」「弁護士はあまり話を聞いてくれない。」などと言われることが少なくないのですが,当事務所及び当事務所の弁護士はそうではありません。

詳細は,

 → 交通事故の法律相談について

 → 法律相談について

 

をご覧下さい。

 

サービスのご案内

japanese_image.jpg当社サービスのご案内です。下記をクリックして詳細をご覧ください。

ご相談から事件終了の流れ

取扱分野

交通事故法律相談

法律相談

料金

 

 


お問合せ・ご相談はこちら

japanese_image.jpg法律相談の予約,わからない点などございましたらお電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。交通事故の法律相談ご予約の際は,お手数ですが,加害者側任意保険会社名を必ずお伝えいただきますようお願いいたします(申し訳ございませんが,保険会社名によりましては相談をお受けすることができません。)。

なお,お問い合わせフォームからの法律相談はお断りさせていただいておりますのでご了承下さい。

 

  • ○○について相談することはできますか?
  • ○○について取り扱っていますか?
  • ○○について依頼することはできますか?

 

このようなお問い合わせでも結構です。

あなたさまからのお問合せをお待ちしております。

▼▼お電話でのお問合せはこちら▼▼
TEL : 078-351-2746
受付時間 : 平日の9:30〜17:00(ただし,祝祭日,年末年始,ゴールデンウイーク期間,8月中旬のお盆前後は除く)

→ お問合せフォームはこちらへ

 

プライバシーポリシー

弁護士法人アスタスク法律事務所(以下,「当事務所」といいます)は,個人情報の重要性を十分に認識し,以下の方針に基づいて,個人情報の慎重な取扱・保護につとめます。

 

1 個人情報の取得

当事務所は,個人情報を,適法かつ公正な方法により取得します。

 

2 個人情報の利用目的

当事務所は,収集した個人情報を,ご依頼を受けた事件における法律事務の処理,事務連絡,その他事務所の業務遂行に必要な場合に利用いたします。

 

3 個人情報の管理

当事務所は,個人情報の漏洩,消失,不正アクセスなどを防止するために必要な措置を講じ,個人情報を適切に管理いたします。

 

4 個人情報の第三者への提供

当事務所は,@ご本人の同意がある場合,A法令に基づく場合,B利用目的の達成に必要な範囲内で個人情報を委託する場合など正当な理由がある場合を除き,個人情報を第三者に提供いたしません。

 

5 個人情報の開示,訂正,利用停止など

個人情報の開示,訂正,利用停止などについてご本人からの申し出があった場合,当事務所は,法令に定めるところに従い対応いたします。

 

6 本プライバシーポリシーの変更

当事務所は,必要に応じて,本プライバシーポリシーを変更することがあります。

 

メグタグ

<meta name="norton-safeweb-site-verification" content="bz2tvmzinbcjje806kaee0lv7x23oty420x4doex0ulnkhxo5rmu6nvb-nc8tfzv3sj1kctxnxaql-fxuwsjsj7y34uaiz348-bsxeicyrycy7fceesq-axk5h2p0asg" />

▲このページのトップに戻る